医事関連のテーマを中心に感じたこと、考えたことを綴っていきます

後悔するぐらいなら今すぐ動け!【年齢は関係ない】

知っている人もいるかと思いますが昔話題になったツイートで以下のようなものがあります。

 

”昔読んだ記事で90歳くらいのお婆さんが、人生で後悔していることを聞かれて「バイオリンを60歳の時にやりたいと思ったけど、もう遅いと思ってやらなかった。あれから始めてれば30年も演奏できたのに」てのがあった”

 

当時このツイートは反響を呼び「何かを始めるのに遅すぎることなんてない」

「やっぱり挑戦しないといけない」「やらないで後悔よりもやって後悔すべき」

「始めることに遅いなんてない」などの共感や好意的な意見が多数寄せられました。

確かに心に刺さる話ではありますがこれを呼んだ時私は共感は出来ませんでした。

思ったことは1つだけ。

結局やらなかったんでしょ。

今回は人生、仕事、そして医療事務への向き合い方について述べたいと思います。

後悔するぐらいなら今すぐ動け!【年齢は関係ない】

結論

後悔はしても意味がありません。

そんなことを考える前にとりあえず動き始めることが大事です。

後悔

タラレバ論は不毛

もしあの時こうしていたら、こうしていれば、などと過去を振り返る人っていると思います。

ですがそれはその過去を経験してきたのちの今があるからこそ思えることです。

当時はそんな風には考えなかったからそう選択していないのです。

タイムリープというのがありますが、仮にその当時に戻ってやり直したとしたらもう今の自分は無い訳です。

また別のあの時こうしていたらよかったと思う自分がいるかもしれません。

そうなるとそれは別の人生を歩んだ自分であり後悔の対象もまた別の何かに変わってくるのです。

そうすると対象となる過去の自分が違っているだけでどうやっても「あの時こうしていたら」と思う自分は存在しその思考は無限ループとなっていきます。

当然の事実として人生は1度きりでやり直しなんかきかないのです。

つまりタラレバ論は不毛であり、後悔することに意味などないのです。

反省と後悔

反省と後悔は全く違います。

反省とは未来に向かった思考であり対して後悔は過去に向かった思考です。

過去は変えることは出来ません。

ですが過去をかえりみることでそこから学びこの先の自分の行動を変えていくことは出来ます。

結果的に未来を変えることは出来ます。

ですので反省することはこの先を生きていく上で意味があるのです。

ですが過去に執着しているだけの後悔には何の意味もないのです。

しかしたとえ意味がないと分かっていても人は後悔するのをやめることは出来ません。

人間はそういう生き物です。

だとするのならば後悔した事実はありのまま受け止めそれを学びとし未来につなげるような行動をとっていくことが唯一の対処法なのです。

年齢

年齢は自分で決める

職業で年齢限界説というのはよくある話です。

たとえば昔だとエンジニア35歳限界説だとか医療事務でも未経験40歳無理節だとかいろいろ聞いたことはあります。

結論から言うとそんなものはありません。

こういう話はググるといろいろ出てきます。

その記事を鵜呑みにする人なんていないとは思うのですが中にはそうなのかなって思う人がいるのも事実です。

そのような人に欠けているのは自分で考えるという行程です。

ネットの記事なんてきちんとしたエビデンスがなければうわさ話と大差ありません。

それをそのまま信じるというのは論外ですが少なくとも自分で咀嚼して選りすぐることが最低限必要です。

そうすれば年齢限界説のいいかげんさが分かってくると思います。

そもそも35歳とか40歳ってどんな根拠で線引きしているのでしょう。

そんな根拠はないのです。

そんな統計見たことありません。

ただ職種と限界年齢という組み合わせが面白いとされて使い回されているだけに過ぎずなんとなく定着した認識となっているというのが実情なのでしょう。

つまりそんなものに読む価値はないのです。

たとえば「男性、40歳、医療事務未経験ですが転職可能でしょうか」という質問を見たことがあります。

これはまさに前述の医療事務未経験40歳無理説に該当じゃんってなります。

ですがまず40歳の何が無理なのか、未経験の何が無理なのかを説明してほしいです。

さすがにITスキルも経験も何もないのにSEに転職と言われればちょっと待ってと思いますが、医療事務にそこまでのハードルはないです。

極論してしまうと挑戦心と学習欲があれば何歳からだろうと働けます。

むしろ長年働いている人の方が新たな学習欲なんてありません。

医事課員ではなくて維持化員となっている人もいます。

実情はそんなものなので何歳だろうと転職は可能なのです。

実年齢なんて関係ないのです。

40歳でも学習意欲がバリバリあって勉強時間だって現役高校生にも負けねえと思っているのならば自分では18歳と設定していればいいのです。

年齢は自分で決めるものなのです。

年齢を言い訳に使うな

ここで冒頭の90歳のお婆さんの話に戻ります。

”バイオリンを60歳の時にやりたいと思ったけど、もう遅いと思ってやらなかった。あれから始めてれば30年も演奏できたのに”

この話は後悔しない為にも思ったときには行動しようっていう教訓なのでしょうか。

確かにその一面はあるのでしょう。

ですが私はそうは感じませんでした。

「やる気なんてなかったんでしょ、結局今60歳に戻ってもあなたはやらない。」

つまり、20歳の時であろうと、40歳、60歳であろうと関係ないのです。

あるのはやらなかったという事実だけです。

60歳だからもう遅いと思ってというのは言い訳です。

そしてたちが悪いのは年齢を持ち出してちょっと自分を正当化しようとしているところです。

だから正しく言い換えるとこうなります。

”バイオリンを60歳の時にやりたいと思ったけど、そう思っただけ。実際はやる気なんかなかった。”

人は何かにつけて年齢を持ち出してきますがそんなことは無意味です。

年齢を出してきている時点でもうやる気なんてないのです。

そうすることによって出来なかった時の言い訳にしようとしているのですからそもそも目標に向かう姿勢にはほど遠いということです。

もし目指していたことが出来なかった、失敗したということがあってもそれは年齢とは一切関係ありません。

それは努力の量か、努力の仕方かその両方か、またはタイミングか、などの明確な理由があっての挫折なのです。

それを年齢のせいにしているようでは全く自分と向き合えていません。

言い訳はいらないし、後悔もいりません。

ただ事実と向き合い、学び、進むだけです。

考えるべきことも、やるべきことも実はシンプルなのです。

まとめ

医療事務という職業は仕事に就く前もしくは就業当初はそれなりに勉強を必要とします。

でないと仕事になりませんので。

ですがある程度の期間が過ぎて業務がルーチン化したり、ジョブローテもしないまま何年も同じ仕事をしていると特に新たな勉強をせずともそれなりに業務はこなせてしまいます。

そしてその時点で継続して学習を続けている人はほとんどいません。

この点が圧倒的にもったいないなと感じます。

医事課職員というのはそれこそ自分のやる気次第でいろんなキャリア像を目指せる立場にあるのです。

管理職への道、請求のプロの高見を目指す道、診療情報管理士、医療情報技士、医師事務作業補助者、医療経営士、システム管理者etc

どれも全くの畑違いの職種ではないのです。

全てが横断的に関係している職種ばかりです。

この先の医事課業務を展望すると少なくとも1つのものには特化して高い能力が発揮出来てかつ複数のスキルを持ったゼネラリスト的な働きが求められます。

⇒⇒⇒医療事務のキャリアアップを考える【スキルと経験とキャリアラダー】

昔のような単発のスペシャリストを多く抱えたマンパワーで押すというスタイルでは数が多すぎるのです。

どうやっても医療事務の人工(ニンク)が絞られてくるのは避けられない事実なのです。

その時に必要な人材であるかどうかはこれからの成長具合によるのです。

その為には継続した学習は必須なのです。

それは本からでもネットからでも独学で十分可能な範囲です。

⇒⇒⇒医事課のスキルアップは独学が最強【今すぐ出来る】

本来勉強とは楽しいもののはずなんです。

多くの人が勉強を苦と思うのは小さい頃からずっと受動的な勉強(受験勉強、就職試験、資格試験)ばかりしてきたからです。

今こそ受動的な勉強からは脱却し真に主体的な勉強(単純に自分が成長出来る勉強、将来の自分に期待出来るようなワクワクする勉強)を行うべきなのです。

以前に院内ヒエラルキーについて記事に書きました。⇒⇒⇒病院内ヒエラルキーと医療事務【医事課の役割とポジション】

ヒエラルキーについては私はどうでもいいのですが、それで悩んでいるとかそれ自体が嫌という人もいると思います。

そういう人こそ勉強してほしいと思います。

ヒエラルキー構造を変えるとかは不可能ですしそこに悩むことは時間のムダです。

ですがだったらどうしていけば事務職の地位を少しでも上げていけるのかという点をもっと追求していくべきなのです。

そしてその場合事務視点ではなくメタ認知を効かした視点で考えるべきです。

医師には看護師には他のスタッフには自分はどう写っているのか。

対等な立場で意見を求められているのか、それとも上から目線なのか。

下に見られているということは知識、経験がないと判断されているということです。

そこを埋めるには何をインプットすべきか、アウトプットすべきか。

必ず問題点は見えてくるはずです。

現状を嘆くことはいつだって出来ます。

ですがその前に出来る限りのことをやるのです。

それでも上手くいくとは限らない、でもそれでいいのです。

後悔なんかする余地すら与えない継続的な努力、それが唯一成果を出す方法です。

成功するまでやり続けることが失敗を失敗としない方法です。

基本は今すぐ動くことです。

1ミリでもいいから進むことです。

そこにしか突破口はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です