医事関連のテーマを中心に感じたこと、考えたことを綴っていきます

【仕事の向き不向き】苦じゃないぐらいでちょうどいい【医療事務仕事論】

「好きなことで生きていく」とは有名なYouTubeのキャッチフレーズです。

好きなことで生きていけたら楽しいだろうなと誰しも少しは考えたことがあると思います。

しかしそもそも仕事を好き、嫌い、向いている、向いていないで考えようとすること自体がナンセンスではないのかというのが今回のテーマです。

【仕事の向き不向き】苦じゃないぐらいでちょうどいい【医療事務仕事論】

結論

仕事の向き不向きなんて考える必要はありません。

自分が苦じゃないこと、嫌いじゃないことを続け少しずつ自己成長すればいいのです。

好きなこと、嫌いなこと、得意なこと、不得意なこと

好きなことで生きていく

この言葉は現代ではよく聞く言い回しです。

ユーチューバーが代表的ですが彼らとて好きなことでは生きてはいません。

それこそ再生回数を稼ぐ為にはどんな動画を投稿すべきか日々分析、研究した上で需要のある動画を作っていかなければなりません。

自分の好きな動画ばかり投稿してやっていける人などほんの一握りしかいません。

突き詰めると好きなことで生きていける人などこの世にはほぼいないのです。

しかしそれはあたり前の話です。

仕事とは誰かの役に立つことで成り立っているものなので自分目線だけでは成立しないのです。

得意なことは何?

任天堂元代表取締役社長の故岩田聡氏が遺した言葉に次のようなものがあります。

(一部抜粋)

”「自分の長所を見つけるには、自分が楽にできることを探すこと」

自己評価と他己評価の違いに気を付けた方がいい。

要するに「自分の好きなことと嫌いなこと、もっと言えば自分がやりたいこととやりたくないこと、を自分が得意なことと得意じゃないこととイコールだ」と思い込んでる人が多いです。

本当はそれってかなりズレてるのに。

好きじゃないけど得意なこともありますし好きだけど実はあんまり得意じゃないよっていうことも結構あって。

だから仕事というのは「得意なこと」をやった方がいいんです。

好きだけど得意じゃないことに溺れると、仕事っておかしくなることが多いんです。

自分の労力の割に周りの人がすごくありがたがってくれたり喜んでくれたりすることってあるじゃないですか。

要するにね「それがその人の得意な仕事なんだ」って話で。

逆に自分的にはすごい努力して、達成感もたっぷりあるのに周りからは「はあ?」みたいに思われることもあって。

それはね本人が好きだったとしても実は不得意なことかもしれないんですよ。”

仕事の向き不向き

天職ってあるのか、ないのかってことは以前に書きました。

⇒⇒⇒医療事務と天職と転職【コネクティング・ザ・ドッツ】

結論を言ってしまうとそもそも考えるだけムダということです。

だから自分がやりたいことを探すというのもあまり意味がないんじゃないかと思います。

それよりも自分が苦じゃないこと、嫌いじゃないくらいのものを基準にすればいいんじゃないかと思う訳です。

基本的に自分の力よりもちょっと難易度が高いものをクリアした方が達成感があります。

向いていないものをちょっとずつうまく乗りこなしていくことの方が自分が成長してるなって思えるし楽しいです。

出来ることを繰り返すより出来なかったことが出来るようになる方が嬉しいものです。

ですので日々出来ることの繰り返し、反対に難易度がめちゃくちゃ高いことに挑み続けている状態の仕事は向いていないということなのです。

まとめ

私はもともと医療事務に興味があってそしてこの職種に興味があって働き始めた訳ではありません。

おそらく初めから明確な目標、ビジョンがあって医療事務という職種を選択する人の方が少ないと思います。

初めからそのような目的意識がある人は素晴らしいと思います。

ですがそんな意識もなくなんとなく始めた人もそれでいいと思います。

医療事務っていってもその業務範囲はかなり広く、選択出来る方向性もいろいろあります。

そして初めはいろいろ覚えなければいけないし、業務は煩雑だしうんざりすることもいろいろありました。

何が楽しいの、全然面白くないって思いながら働いていたことも数多くあります。

今でも楽しくねえ、面白くねえって思うこともあります。

ですがなんとなく始めたこの仕事でも今になっては自分を成長させてくれる原動力そのものですし、だんだんと好きになってきたんだと思います。

多分最初好きという状態で入っていたら仕事が辛い時に医療事務そのものを嫌いになっていたかもしれません。

また好きなんだから得意なんだと錯覚して真剣に学ぼうともしていなかったかもしれません。

そう思うと決して苦じゃない、嫌いじゃないというぐらいから入っているので知識が増えることに嬉しく思い、誰かの役に立つことに喜びを覚えそれが結果として得意なものになっていったんだと思います。

医療事務が好きで得意っていうのは最高で最強です。

ですが特段好きでもなくても嫌じゃなければ続ければいいんじゃないかなと思います。

そして継続して学び成長していけばきっと得意になっていきます。極論すれば別に医療事務が好きじゃなくたって得意であればそれで十分なのです。

得意であればそれが患者さんの為、法人の為、その他関係しているあらゆる人の役に立てます。

そこに好きというのも入れば最高ですがそこまでハードルを上げる必要はないと思います。

日々自分が出来る努力を費やせて少しずつ成長しその職が得意になっていけるのであればそれは十分天職です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です