医事関連のテーマを中心に感じたこと、考えたことを綴っていきます

医療事務のスペシャリストなんかいらない【分業制の是非】

まず断っておきますがタイトルで釣っている訳ではありません。

この一文だけだと医療事務での専門性の向上は不要と受けとられてしまいかねませんがそういう話ではありません。

医療事務を業務とするにあたり職員の専門性の向上は必要不可欠です。

だとすればタイトルと矛盾する訳ですがそれは違うのです。

指している対象が違うのでこの話はつじつまは合います。

どういうことかは後で説明します。

今回の主題は業務分担、分業制の是非についてということで、ここにフォーカスしていきます。

医療事務のスペシャリストなんかいらない【分業制の是非】

結論

分業制は必要ですが大切なのはバランスです。

そして仕事を俯瞰して見れる目が必要です。

分業制

業務分担

どこの医事課でもみんなでローテーションして行っている業務もあれば特定の担当者に任せている業務もあると思います。

それは当然の話で経験が浅くてもなんとかやっていける受付業務や保険証確認、入力業務に対して保険請求、公費、労災、自賠責などある程度の経験や知識が必要な業務はそれに見合う担当者による分業制にした方が効率的に業務を回せます。

業務の効率化と職員の専門性の向上を考えれば分業制は必然の流れなのです。

メリットとデメリット

ここで分業制のメリットとデメリットを見ていきます。

まずメリットですがこれは先にもふれた通り1番は業務の効率化です。

そして専門性に集中、特化することによってその分野のスペシャリストへ育成出来ます。

反対にデメリットですが担当者でしか対応出来ない、や客観的なチェック、評価が出来ないなどが挙げられます。

そして1番のデメリットが自分の業務にしか目がいかなくなる、興味がわかなくなることです。

つまり医事課の業務を俯瞰して見られなくなってしまうことです。

当ブログでよく出てくる言い回しのいわゆるメタ認知が効かない状態ってことです。

分業制でも最低2人

上記で述べた通り分業制には良い面、悪い面両方あります。

結論から言ってしまえば大事なのは分業具合のバランスです。

あまりにも専門性に特化した分業ではデメリットの方が大きくなります。

そしてもう1点大事な点は複数人で担当するということです。

最低でも2人は必要です。

中小の医療機関ではマンパワーの問題でどうしても1人担当となってしまっている業務が多いと思います。

しかしこれはかなり危うい状況なのです。

まずよくありがちなことが担当者不在時の対応が出来ない、ということです。

たとえば事故請求において普段なかなか連絡が取れない患者から電話がかかってきたのに、その日に限って担当者が休みという場合があります。

1人担当だともうこの時点で対応出来ません。

後日もう1度連絡を取り直す必要があります。

これは非常にロスのある業務のやり方でありもったいないです。

2人いればこんなことは起きません。

そしてこれよりもっと危ういのが他の職員によるチェック機能が働きにくくなる点です。

その人しか分からない業務というのは周りから見ても正しいのか、間違っているのかさえ分からなくなっていきます。

これは業務の中身もそうですし、それに投下している時間が適正なのかどうかも分かりません。

言ってしまえば1人担当者のさじ加減ひとつな業務に成り下がる訳です。

これはとても危ういです。

その担当者がどんな大ベテランで仕事も完璧にこなすという人であってもそれは避けるべきです。

基本的に人はミスを犯すもの、自分には甘いものということを前提にしておくことが必要です。

であるならば分業制といえども最低は2人以上のチームでの分業制とすべきです。

マインドはスペシャリストじゃダメ!

ここでタイトルの回収に入ります。

一般的に医療事務のスペシャリストといえばその業務に対するスキルを指します。

これはもちろん高いにこしたことはありません。

どんどん知識、経験のスペシャリスト化を目指してもらえればと思います。

それがひいては医事課の為、法人の為、患者の為へとつながっていきます。

ですがここでそのスペシャリスト化した人が陥ってしまう別な側面があります。

それがマインドのスペシャリスト化です。

医事課において明確に役割を分担し、その分野のスペシャリストを育成するのは間違ってはいません。

ですがここできちんと認識しておかなければならないことは明確な役割分担が行われることと医事課としてのベストなアウトプットを出すことはイコールではない、ということです。

簡単に言えば医事課はチームなのだということです。

大事なことは誰の為に、何の為に働いているのかということです。

それはとにもかくにも患者の為になはずです。

だとすれば自分が担当している業務以外は一切関わらない、やらない、協力しないというスタンスではその目的と乖離してくるのです。

それは全て患者の利益に逆行している行いなのです。

ですが当人からするとそれは当然の行いなのです。

なぜならスペシャリストという自負があるからです。

分業意識があまりに強い為自分のアウトプットにしか注目出来なくなり医事課の成果という視点が抜け落ちてしまうのです。

ですのでタイトルの医療事務のスペシャリストなんかいらない、というのはチーム意識のない自称スペシャリストはいらないということです。

どんなにその個人の能力が高いものであったとしても個人プレーに徹する職員などいりません。

結局それは自分の為だけに働いているからです。

たとえ分業制であったとしても自分はチームの一員なんだという意識があれば周りとも積極的にコミュニケーションをとり、医事課全体を見渡せる広い視野を持つことも出来ます。

ひいてはそれが自分個人のアウトプットのクオリティを高めることにもつながります。

そのことを分かっていない、または分かろうとしない医療事務のスペシャリストなんかいらない、ということです。

まとめ

 

分業制の是非ということについては良い面、悪い面両方あります。

大切なのはそのバランスです。

そして仕事に対するマインドです。

具体的に出来ることでいえば業務の割り振り方があります。

業務の難易度を考慮し各職員の経験に応じて業務を割り振り、難易度の高い業務のみ分業制としベテランが主に担う形をとればよりクオリティの高いアウトプットが出せて分業制の良い面を引き出せます。

またぜひとも取り入れるべきなのがジョブローテーションです。

これをすることによって組織全体のレベルアップが見込めます。

職員全員の専門性を向上させつつ結果的に業務の効率化に大きく寄与出来ます。

ジョブローテーションのある分業制が最も効率的かつクオリティの高いアウトプットが出せる方法だと思います。

そしてそこで絶対持っていないといけないのが全体を俯瞰して見ることが出来るマインドです。

一歩引いて自分を含めた医事課全体を見渡せる目です。

これは実際はかなり難しいことです。

そのような仕事の仕方はある程度経験を積まないと出来ないと思えるかもしれません。

ですがある程度経験を積んでもその意識を持てない人はいつまで経っても出来ません。

ですのでそれは経験の差ではないのです。

仕事への向き合い方の問題です。

目先のことにしか気が回らない人にとって同僚を助ける、フォローするという行為は自分にとって何の得にもならないと思うかもしれません。

それよりも自分の専門分野に注力することの方がよっぽど大事で病院の役にも立っていると。

しかしそれは勘違いです。

病院の役に立つということは前提として患者の役に立ってなければならないのです。

だったら担当者が不在で対応出来ません、分かりません、ではなくて担当者は不在ですが私が対応出来ます、分かります、の方が100倍患者の役に立っています。

その為には自分には何が出来るのか、どうしていけばいいのかを考えられるスペシャリストこそが医事課でいう本当のスペシャリストです。

専門分野に特化している人をスペシャリストと呼びますが医事課においては専門分野に特化しつつもチームのことを考え行動出来る人こそが医療事務のスペシャリストと言えるのです。

ぜひそういうスペシャリストを目指したいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です