医事関連のテーマを中心に感じたこと、考えたことを綴っていきます

まだ文句ばっかり言ってるの?

自分又はまわりの人の言動を思い出してみましょう。常に文句、不平不満を言ってる人っていないでしょうか?

今回は文句ばっかり言っていても何もいいことないですよって話です。

あなたはどれ?

新たな仕事が発生したり、予期せぬ仕事を任された時の対応って次の4つがあります。

①黙って了承する。
②文句は言う(意見は主張する)が結局は了承する。
③文句は言う(意見は主張する)。そして結局はやることになるの
だがいつまでも不平不満を言っている。
④最初から拒否、断固拒否。

①と②はよしとします。問題は③と④です。

まず③ですが、時間の無駄です。さっさと仕事して下さい。というか私は仕事が出来ませんと言っているのと同じです。

本人は自分はこんなに大変なんです、私って可哀想という思いでそうしているんでしょうが、第3者からは単に無能にしか見えません。その自己保身のパワーを仕事に注力すればいいのにって思います。

次に④ですが、これはもう組織の中で仕事をするのは無理なので、転職か起業して下さい。

あと、多いのが最初に「無理です。出来ません。」と言う人。だったら何が出来ないのか、どこまで出来ないのか教えてほしいと言うと、それが言えないのです。

それは「やる気がありません」というと体裁、心証が悪いので「出来ません」に置き換えているに過ぎません。もっと頭を使って言い訳してほしいです。

こちらも理由を聞いてちょっと厳しいなと思えば別の方法を考えます。あと先程の④とかぶりますがやたら大変です、忙しいですアピールをしてきます。これはやればやるほど逆効果なのでやめましょう。

上司はその人の大変さ、忙しさなんて把握しているものです。それが出来ていない場合は管理者とは言いません。ですから全体個人を把握の上、検討し出た答えが指示されているのです。拒否出来る理由なんてそもそもほとんど残されていないのです。

中にはまれにこちらが知らなかった事象があってそれを考慮し、指示内容を修正することもあったりしますがそれほど多くはありません。

まわりを巻き込むんじゃない!

常に愚痴、文句を言っている人がいる空間は空気がよどんでいます。

仕事は傍にいる人からが最も影響を受けるという研究結果もあります。前向きな人の横の席の人は生産性が上がり、ネガティブな人の横の席の人は生産性が落ちやすいのです。

ですから愚痴、文句を言っている人は自分の能力を低下させていることに加えて他人の能力も下げているのです。

何も愚痴を言うなとは言いません。愚痴を言うことでガス抜きが必要な場合も当然あります。ただ、話すことがことごとく愚痴、文句だと大いに問題だということです。

やる気がある人が嫌な気持ちになったり、そもそもそんな話は聞きたくないって人もいるので注意してほしいものです。

ネガティブ発言が己を飲み込む

絶えず愚痴、文句を言っているとどうなるか?

脳がそれを学習してしまいデフォルトでネガティブに考える癖が身につきます。

要は物事を見る時に全てネガティブな視点から入ってしまうようになるということです。自分で自分をネガティブな考えへと洗脳しているようなものです。本人にはその自覚がないまま進行していくのでたちが悪いです。

結局どうすればいいの?

近づかないことです。

本当はそんな人は辞めてくれればいいのですがそんな人こそ決して辞めません。職場の不満ばかり言うくせに辞める勇気なんてこれぽっちもありません。

結局自分と向き合うことが怖いのです。努力していない自分を認めたくなくて言い訳しているだけです。

そんな人につき合うだけ時間のムダだし自分のメンタルにも悪影響しかありませんので近づかないことです。

仕事上そうもいかないって人はメタ認知を鍛えて下さい。自分を俯瞰することが出来れば感情と行動を切り離せるようになりますので、いちいち嫌だなって思うこともなくなります。何言ってんだ、可哀想な人、ぐらいの感じで見れるようになると思います。

まとめ

私も昔は愚痴や文句を言ったって現状が良くなる訳でもあるまいし、言うだけムダじゃないのか、と思っていました。

でも確かに愚痴を誰かに聞いて貰うだけで気持ちがすっきりしたり、話しているうちに自分の考えが整理出来てやる気につながるみたいな経験がたくさんありました。

ですので愚痴、文句は必要だと考えています。大事なのはそのバランスと使う状況なんだと思います。

常に愚痴を言っていればまたかよ、と思われますが普段黙々と仕事をしている人がたまに愚痴れば、大変なんじゃないのか、大丈夫って親身に聞いてくれます。

またちゃんとした根拠に基づいた言い分は主張、意見として見てもらえますが、それがなければただのわがまま、言い訳にしか見られません。

要は使い方なんです。どうすれば自分もまわりも楽しい職場環境が作れるのか。みんながお互いを思う気持ちがちょっとでもあれば変わってくるとは思いますが現実は厳しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です