医事関連のテーマを中心に感じたこと、考えたことを綴っていきます

才能は誰にだってある【医療事務と強み】

仕事に才能は必要なのか?という問いには皆さんならどう答えるでしょうか。

私の答えはイエスです。

仕事で成果を出すための強みを生むには必ず才能が必要です。

今回は才能と強みについてフォーカスしていきます。

ごまお

自分の才能ってなんだ?

才能は誰にだってある【医療事務と強み】

結論

自分の才能を自覚しましょう。

才能と強み

才能とは?

そもそも才能とはいったい何なのでしょうか?

いろんな定義づけができるでしょうが簡単に言えば「自分が自然とできること」です。

他人とすぐ仲良くなれる、人が思いつかないようなアイデアを出すのが得意、ゲームを延々と続けられるなど自分が自然とできることはすべて才能といえます。

ですので自分の才能に気づいていない人って案外多いものです。

才能という言葉はもっと高い次元のものを指すと思っている人は多いです。

特にプロスポーツやアーティストなどは努力だけではたどりつけない、それこそ才能ありきの世界だとの認識が強いです。

確かにその世界では才能がなかったら厳しいかもしれません。

ですが仕事における才能は少し意味あいが違います。

その世界の頂点を目指すとかトップクラスになるみたいな話ではなくて、当たり前と思ってしている作業がまわりから見ると超絶効率的だったとか、みんなは苦痛だと思う作業が自分ではそうは思わないというようなレベルのことです。

医療事務でいえば業務によっては単純作業が中心となるものもあります。

そのときに単純作業がつらいと感じる人と全く苦じゃないという人がいます。

全く苦じゃないという人は同じことを続けられるという才能があるのです。

ですが本人はそれが普通なので才能とは気づかないというわけです。

ですので誰にでも才能はあります。

ただそのことに気づいているか、いないかだけの差です。

強みとは?

「仕事では自分の強みを活かせ」などという言い方がよくされますがそもそも「強み」とは何なのでしょう?

結論からいうと強みの方程式というのは以下のとおりに定義されます。

才能(頻繁に繰り返す思考、感情、行動パターン)
×
投資(練習やスキル開発、知識を身につけるためにかける時間)

強み(常に完璧に近い成果を生み出す能力)

 

(ストレングス・ファインダー引用)

まず「強み」を定義しておきます。

ストレングス・ファインダーによると強みとは常に完璧に近い成果を生み出す能力としています。

要は「仕事で成果を生み出す力」のことです。

そして才能とは前述したとおり「自分が自然とできること」です。

ここでは「頻繁に繰り返す思考、感情、行動パターン」と定義されています。

そして投資とは「スキルや知識などを身につけるためにかける時間」のことです。

知識やスキル、練習は強みをはぐくむためには不可欠です。

基本的な思考力やスキルがなければ才能は開発されないままとなります。

そして知識やスキルを身につけることはそれに投下する時間を増やせばそれなりに可能です。

人は知識のトレーニングを積めば大小の差はあれスキルアップは可能です。

ですがこれに対し才能自体を新たに身につけることはそれとはまったく違う話です。

多くのトレーニングを積めばほとんど持っていなかった能力を身につけることはできるかもしれませんが、それは最善の時間の使い方ではないということがわかっています。

最も成功している人はその人が持つ高い才能を起点にしてスキルや知識を身につけ練習を積んでいます。

そうすることによって才能は何倍にも増幅して開花します。

ここで話を医療事務に戻します。

たとえばMAXが10の設定でコミュニケーションの能力が高くて当たり前のように高い接遇ができるAさんがいると仮定します。

Aさんの接遇の才能値を9、投資(時間)を5だとすると強みを築ける可能性は45となります。

かたやコミュ障のBさんがいたとしてBさんの才能値が2、投資を10だとするとその値は20にしかなりません。

ここに才能の重要さがあります。

いくら時間を投下して練習を積んでも才能自体が低ければ決して仕事での強みにはならないのです。

そして上記の場合Bさんは人と話すことは得意ではないが本を読んだり文章を考えたりするのが得意だとします。

そうすると提案書、報告書などの書類作成の才能値が9、投資が10だとその値は90にまで到達します。

ごまお

より高い才能にたくさんの時間を投下すべき

自分の強み

Bさんの場合あまりにコミュニケーション能力が低いということで時間をかけて訓練するという方針で受付担当や電話担当、外部折衝を経験させてきたとしましょう。

ですが低い才能値の分野を猛特訓したところでBさんの強み、医事課の強みにはまったくならないということです。

だったらある程度のレベルに達した時点でその分野での経験値を貯めることは諦め文書作成の分野をどんどん経験していくことで圧倒的な強みを発揮することになるのです。

しかしここで問題なのはそもそも本人が自分の才能に気づきにくいということと上司やまわりは余計に分からないということです。

そしてまた自分なりに自分の才能というのを自覚していても担当する仕事がそれとマッチするかどうかは上司の判断しだいだということです。

医療事務における業務というのは細分化するとかなりの枝葉にわかれます。

ですので外交的な人、内向的な人、コミュニケーションが得意な人、作業が得意な人、考えるのが得意な人などそれぞれに合った業務、またはそれに近い業務というのがどこかにあるはずです。

まずは自分にはどの業務が適任なのかということを自分で考えてみることも大切だと思います。

「いやいやそんなの考えても配置するのは上司でしょ。自分の考えなんて意味ないじゃん」みたいに思うかもしれませんがそんなことはありません。

まずは自分の才能が何で、強みをどう活かすかという考えを整理し持っておくことが重要です。

それがないと意味のない時間を延々と消費するだけになってしまうかもしれません。

そしてそんなことよりもっと手前の「自分は医療事務に向いているのか?」というそもそも論で立ち止まるかもしれません。

医療事務という仕事の中で悩んでいるのか、仕事という大枠の中の選択で悩んでいるのか、そこをはっきりさせておく必要があります。

まとめ

仕事には自分の強みを活かすべき、そのためには自分の才能を自覚すべきです。

その方法の1つとしてストレングス・ファインダーはとても役立ちます。

1度は診断を受けておくことをおすすめします。

ごまお

新刊じゃないと診断できへんから気つけてな

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です