医事関連のテーマを中心に感じたこと、考えたことを綴っていきます

【2020診療報酬改定】第2ラウンドを見る【中医協ウォッチ⑬】

今回は10月16日に開催された入院医療分科会より 重症度、医療・看護必要度 についてです。

ごまお

必要度はいろいろ気になる

【2020診療報酬改定】第2ラウンドを見る【中医協ウォッチ⑬】

結論

重症度、医療・看護必要度については評価対象の整理が必要。

重症度、医療・看護必要度 について

2019年度第10回入院医療等の調査・評価分科会議事次第

チェックポイント

 

・A1・B3は、急性期入院医療の評価指標としてふさわしいのか

 

・A項目について内服の抗がん剤は入院医療の評価指標としてふさわしいのか

 

・B項目について患者のADLと介助実施の有無とを整理してはどうか

 

・C項目についてより広範な手術を評価対象とすべきではないか

◆A1・B3は、急性期入院医療の評価指標としてふさわしいのか

1
2

 

◆A項目について内服の抗がん剤は入院医療の評価指標としてふさわしいのか

3

 

◆B項目について患者のADLと介助実施の有無とを整理してはどうか

4

 

◆C項目についてより広範な手術を評価対象とすべきではないか。経皮的針生検法なども評価に加えるべき。

5
6

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です