医事関連のテーマを中心に感じたこと、考えたことを綴っていきます

【2020診療報酬改定】第2ラウンドを見る【中医協ウォッチ⑮】

今回は10月18日に開催された中医協総会より 抗菌薬の適正使用、脳卒中対策、医師の働き方改革 についてです。

ごまお

さあいくで

【2020診療報酬改定】第2ラウンドを見る【中医協ウォッチ⑮】

結論

医師の働き方改革については医師事務作業補助体制加算が重要項目であることには変わりなく、診療報酬の評価を上げてくる可能性は高いです。

抗菌薬の適正使用、脳卒中対策、医師の働き方改革 について

中央社会保険医療協議会 総会(第426回) 議事次第

チェックポイント

 

・小児抗菌薬適正使用支援加算の算定を3歳以上にも適用してはどうか

 

・超急性期脳卒中加算の施設基準を見直す

 

・医師の働き方改革におけるコストは診療報酬で評価すべきか

ゼロから3歳未満児に次いで内服抗菌薬調剤が多い3歳から6歳未満を次なる抗菌薬適正使用のターゲットにおく

1
2
3

 

超急性期脳卒中加算の施設基準は日本脳卒中学会のガイドラインに対応していない

4

 

◆医師の働き方改革に向けたマネジメントコストを診療報酬で評価するのか?

「医師労働時間短縮計画」→医師の増員、他職種へのタスクシフティングにはコストがかかる

5

新たな「入院基本料等加算」を創設した場合、算定の重複を避けるため医師事務作業補助体制加算や総合入院体制加算などについて施設基準を見直す必要も出てくる

ごまお

新加算を創設するかどうかはまだまだ議論が必要

【関連記事】

医師事務作業補助者の未来ってどうなの?【存在価値はもっと高まる】鍵はやはり医師事務作業補助者【医師の働き方改革】医師事務作業補助者フル活用への考え方【費用ではなく原価です】改めて医師事務作業補助者の役割を考える【医師の働き方改革とタスクシフティング】医師事務作業補助者×診療情報管理士【新たなシナジーを生もう!】【タスクシフティング】ディクテーションって何?【医師事務作業補助】

ごまお

医師の働き方改革は最重要項目のひとつ。タスクシフティング推進が加速していくことは確実でそうなると医師事務作業補助体制加算の診療報酬における評価は更に上げてくるはず

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です