医事関連のテーマを中心に感じたこと、考えたことを綴っていきます

立つ鳥跡を濁す~医療事務の辞め方~

立つ鳥跡を濁さずということわざがあります。飛ぶ鳥跡を濁さずというのも同じ意味で使われます。

意味は立ち去る者は見苦しくないようにきれいに始末をしていくべきという戒め、また引き際は美しくあるべきだということです。

仕事をしていてよくこの言葉が出されるのが職場を去る時です。異動や退職時にどのように去っていくのか、その人の人間性が集約されているようにも思います。

しかし、今回は立つ鳥跡を濁さずではなくて跡を濁すという話をします。

医事課の入れ替わり

他の職種がどうなのかは分かりませんが医療事務の世界はほんとに人の入れ替わりが激しいと思います。

これは大きく3つの要因があると思います。

1つ目は職場の人間関係です。

これはどの仕事でも一番の要因だとは思いますが、医事課においては医事課内の人間関係、他の部署(医師、看護師はじめ多数)との人間関係、患者さんとの人間関係といろいろあります。

2つ目は給与面です。

今よりいい待遇の所を見つけて移っていく人も実際います。

3つ目は責任感の欠如、やりがいの欠如です。

医療事務は特に資格がなくても仕事は出来ます。ですのでやろうと思えば誰でも入ってこれる世界です。

その分この仕事の大切さ、やりがいを見い出せなければすぐに辞めてしまいます。入って来る敷居が低い分出るのも簡単だということです。

恐ろしい負の連鎖

以前から当院も一定数退職していく職員はいました。

しかしそれは単発でそのつど欠員を補充すれば何の問題もありませんでした。ですがその状況がガラッと変わりました。

ちょうど1年前の3月に退職者が出たのを皮切りに現在までで10名退職者が出ています。対して入職者は7名なので現状マイナス3名という非常に厳しい状況です。

今後新卒者が入職したり、中途採用者が決定しているので人数の補充はされますがそのまま定着するのかどうかは分からないのでまだまだ予断は許しません。

なぜ、今まで比較的平穏だったのがこうも退職者が相次ぐのか。

退職者の退職理由は先に挙げた3つの理由による所が大きいのですが、もう1つ副作用による影響が大きくなっています。

それは他の担当者が辞めることで自分の業務量が増大するんじゃないか、仕事がきつくなるんじゃないかという恐れです。

ここでポイントなのが実際に負担が増大しているのではなくて、そうなったら嫌だという理由が辞める理由になり得るということです。

先程の10名の退職者のうち私が見る限り4名はその理由だと見受けられました。

本当に負担が増す可能性はあります。人数が足りないのですから当然兼務しないと回らない業務は出て来ます。

しかしそれは実際やってみないと分からないことで、それで個人に負担があまりにもかかっていると判断すれば上司は適正な業務分担、業務内容の見直しをしないといけません。

その場合は全ての責任はこちらにある訳です。

ですが、まだやってもいない状況を考えて自分がしんどくなりそうだから辞めるというのはこちらが対処出来る範疇ではありません。

また、もう1つの副作用としてこれは女性特有なのですが仲が良かった人が辞めるから私も、というパターンです。

結局これもその人がいれば対処出来ていた問題やその人に相談したり教えてもらっていたことが自分だけでしないといけなくなるんじゃないか、自分の愚痴を聞いて貰える人がいなくなるんじゃないか、という恐れです。

ですのでさっきのと一緒になります。結局そういう人達は最後逃げるのです。

それが悪いとは言いません。脳には闘争逃走反応という性質があって、もうどうしようもない場合は闘うが、逃げ道がある限り人間はそちらを選択しやすいのです。

今後どうやら自分の仕事が増えそうだ、とか違う仕事を覚えなければならないかもしれない、というような安直な想像で立ち向かうことすらせず逃げるような人はこちらとしても辞めてもらって構いません。

そんな人達はそれこそ医事課が一丸となって進まないといけない場面では何の役にも立たないのですから。

退職理由

私は退職希望の職員を慰留することはあまりありません。それはほとんどが後ろ向きな理由だからです。

実際は本人の口からそのような言葉は出て来ません。いたってあたりさわりのない退職理由です。

ですが本人が本心を言わなくてもある程度の察しはついてしまうものです。

そしてそれが分かってしまうとこれは辞めた方が本人にとってもこちらにとっても良いことだ、という判断になってしまうのです。

逆に慰留したくような人は前向きな人です。

現在の職場で培った力をもっと他でも活かしたい、違う環境で自分を試したいというような人はもっと能力を上げていけるようなポジションを与えて伸ばしてあげたいなと思います。

辞め方を客観視出来ない

いざ退職となると本人にとっては一大事ですからもう自分のことにしか気が回らない人って多いです。

まず、退職の意志表示する時期です。

法律上は2週間前となっているようですが、当院の就業規則上は1ヶ月前と定めています。

ですので一番多いのが1ヶ月後の退職日を自分で決めてきて言うというパターンです。

相談ではありません、もう退職日は決まっているのです。

そして更にひどいのが有給消化込みなのです。つまり、例えば3月31日に辞めますとした上で残っている有給を最後に固めて消化するのです。

よって実質3月中旬が最終出勤日となってしまう訳です。

もはや引き継ぎのことやそもそも後任がいるかいないのかも関係ありません。ひたすら自分の権利だけを主張して自分だけで完結してしまいます。

やはり人間って基本的に自分を客観視する能力って低いんだと思います。

意識して鍛えていかないと客観視する力、メタ認知の力は育ちません。

する側ではなくされた側がどう感じるか、周りからどう見られているかはさすがに社会人としては気にしないといけない部分だと思います。

また就業規則には辞める1ヶ月前には退職願を提出することとあるので1ヶ月間と考えるのは当然ですが、1ヶ月前に退職の意向を聞いてからすぐ後任が用意出来るとでも思っているのでしょうか。

また、医療事務の特性上月イチの請求業務に対して1回きりで引き継げる訳がありません。

こんな事は今まで自分がさんざんしてきたのだから知っているのに何も思っていないのです。

これが最近入った新人ならまだ分かりますが、これをやるのはすべからくある程度の期間在籍していた職員ばかりです。

だからはなから確信犯な訳です。あとのことなんて知らねーよってことです。

まわりのせいはあなたのせい

人間関係がもう耐えられません、給与が低くて生活が苦しいんです、ここではやる気が出ません、全て原因はあなたです。

あとのことは知らねーよ、というような人間だから信頼関係が築けないんです。

だから相手からも信頼されないから円滑な人間関係も生まれないのです。

上司からも信頼されないから昇格もしないし給与も低いままなんです。

周りからの信頼感が感じられないからモチベーションも保てないしやる気が出ないのです。

全ての責任はあなたにあるのです。でも自分ではそれが分からずに同じ過ちを繰り返しているのです。

新しい職場になったら何かが変わるんだと思うのは自由です、好きなだけ思い込めばいいと思います。

ですが何も変わりませんよ。だってあなたが前のままなんだから。

立つ鳥跡を濁すという去り方しか出来ない人が次上手くいく筈がないのです。

現状を変えたい、自分を変えたいと思うのならば立つ鳥跡を濁さずをしっかりやりきらないといけないのです。

そこで初めて新たなるスタートラインに立てるのです。

まとめ

今まで幾度となく退職者を見てきましたが、立つ鳥跡を濁さずを全うした人はごくわずかです。

ほとんどが濁して去っていきました。

本人の人生ですので辞めることに意見はないです。

ですが組織の一員であることを無視して自分で完結しているようでは社会人としては失格です。

また、自分の今の能力を育ててくれた職場に対する感謝すらなく助け合った元同僚への気遣いすらないようでは人としても失格です。

綺麗事はいいませんが最低限の心得は忘れてほしくはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です