医事関連のテーマを中心に感じたこと、考えたことを綴っていきます

実は太極拳が最強の健康メソッドだった

太極拳は皆さんご存知だとは思います。

私のような全くの素人からするとあのような動きにどんな働きがあるのかはさっぱり分かりません。

ただ健康にいい、長寿に効果があるみたいな漠然としたイメージはあります。

しかし科学的にきちんと効果があることが証明されています。

それもフィジカル、メンタル共に効果があるということなのでぜひ推しておきたいと思います。

ハイリスク高齢者の転倒予防に太極拳が有効

JAMA Network Open誌<原題「Effectiveness of Tai Ji Quan vs Multimodal and Stretching Exercise Interventions for Reducing Injurious Falls in Older Adultsat High Risk of Falling  Follow-up Analysis of a Randomized Clinical Trial」>によると太極拳ベースの運動TJQMBB(Tai Ji Quan: Moving for Better Balance)と、複合型運動プログラムの転倒予防効果をストレッチングエクササイズと比較するランダム化試験を行いどちらもストレッチングより1年後の転倒予防効果が高かったがTJQMBBがより推奨できると報告しているとあります。

これまで運動が高齢者の外傷性転倒を減らすことを示すエビデンスがいくつも示されてきていましたが、実際どんな種類の運動が高齢者の転倒予防効果に対して高いかは明らかにはされてきていませんでした。

今回の研究では太極拳ベースのバランストレーニングとして開発されたTJQMBBと複合型運動プログラム(有酸素運動と器具を用いた筋力トレ―ニング、バランストレーニング、柔軟性トレーニングを組み合わせた運動)、とストレッチングエクササイズ(呼吸法、ストレッチ、リラクゼーションなどからなり、主に座って行う)の3種類を比較しており、その中でも太極拳ベースの運動が最も外傷性転倒の発生率が低いとの結論に至っています。

従来の運動プログラムは前後方向の動きが中心なのに対し、太極拳ではあらゆる方向への動きが求められます。

このことから転倒の起こり方は様々で予測出来ないが太極拳では体を重心の外側移動させ又引き戻す動きを行う為太極拳を経験している人が転びそうになるとその動きに逆らって素早くバランスを取り戻せるのではないかと推測しています。

太極拳でメンタルが改善する

ブリティッシュコロンビア大学の研究(The effect of Tai Chi on four chronicconditions cancer, osteoarthritis, heart failure and chronic obstructive pulmonary disease: a systematic review and meta-analyses )でのメタ分析では太極拳をしている人は、うつ傾向が大きく改善、慢性痛や疲労感などが減るなどの成果を報告しています。

また2010年に40件をまとめた別のメタ分析(Tai Chi on psychological well-being:systematic review and meta-analysis)でも太極拳をしていると、気分の浮き沈みがなくなる、や不安感が減る、ストレスが減るとの結果を示しています。

メンタルには何が効いているのか

 

太極拳がメンタルに効くメカニズムですが、推測だとゆったりと自分の体に意識を向けて行うのでマインドフルネスな状態のようになっていくからではないかということらしいです。

マインドフルネスとは簡単に言うと気づきの精神で、今この瞬間をありのままに受け入れること、そしてそのトレーニングが心を強くすると言われています。

そしてマインドフルネスの実践を続けることが集中力の向上、心身のリラックス、睡眠の質の向上、うつ予防などに効果的だと言われており実際数多くの研究結果がそれを裏付けています。

それに近い効果が太極拳にあるのではないかということです。

まとめ

中国4千年の歴史はやはり伊達ではありません。

太極拳が健康にとって非常に優秀なメソッドであることは間違いなさそうです。

だとするならば、国レベルでもっと推奨してもいいぐらいだと思います。

今後の医療は疾病の治療(キュア)から、発症や進行を防ぐ予防(ケア)の時代へと転換していきます。

そうした中で予防医療は大変大きな部分を担っています。

そして今回取り上げた太極拳はその予防に大きく寄与出来る可能性があります。

ぜひご自身そしてまわりの人にもすすめられてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です