医事関連のテーマを中心に感じたこと、考えたことを綴っていきます

自分に甘いのはやっぱりダメ?

このブログでもたびたび出てきますが人って常日頃いろんなバイアスの影響を受けています。

バイアスとはいわば色眼鏡です。同じ事象でもその人の先入観や持っている情報によって全く違う見え方をします。

こうなると物事の本質は見えてこなくなってしまします。バイアスを避けることが1番なのですが実際はかなり難しいのです。

何のバイアスもかけず他人も自分も公平に見ることが出来ればそれが1番なのですが現実にはそんなことは不可能です。

というか人間誰しも自分に甘い部分があります。

はたしてこの甘さとはあってもいいものなのか、それともダメなのでしょうか?

行為者・観察者バイアス

バイアスの1つに行為者・観察者バイアスというものがあります。

これは、同じ行動であって他人の場合にはその行動の原因が性格や能力にあると考えるのに対して自分の場合は状況や運などの性格や能力以外に原因があると考える心理的な傾向のこと、とあります。

要は他人に厳しく自分に甘いってやつです。

他人がミスっていたらそれは自業自得でしょ、となり同じことで自分がミスってもいやこれは周りのせいだ、とかタイミングが悪かった、運が悪かったと考えるということです。

これは多かれ少なかれ誰しもが持っているものです。

自分に甘くない人なんていない

95%の人が自分に甘いというデータが出ています。

甘さの度合いにもよるとは思いますがまあそうでしょうねという結果です。

逆に自分に一切甘くない人が本当に5%もいるのかどうか怪しいですが。

確かにストイックと周りから見られている人もいますがその人達とてあえて自分を許すというか甘くしている部分はあると思います。でないとストレスのかかり方がハンパないと思います。

人間は自分に甘くなってしまうものもうこれは受け入れましょう。

そこを認めた上でいつ自分が甘くなっているかを確認してみることです。

その為には何も規制せず思うがままに1~2週間を過ごします。

そして甘くなっていた曜日や時間帯を記録します。そうすれば傾向が分かります。

自分が甘くなる周期が分かります。そこではじめて対策がうてるのです。

先延ばしは有効

例えばお菓子を食べるのをやめようとしたけれど結局快感に負けて食べちゃった場合、通常の1.5倍も食べてしまうそうです。

ダイエットでもなんでも食べるのをやめようとするとやめられないどころか前よりももっと食べてしまうのです。

これからも分かるようにやめるという行為はとても難しくとてもリスキーなのです。

だったらどうすればいいのかというと、やめようとせず先延ばしにすればいいとの研究結果が出ています。

お菓子を食べることでいうと先延ばしにすることによって食べる量は減らすことが出来るということです。

すなわち延期すればするほど被害は減るのです。

ですのでやめたいけどやめられない習慣や行動がある場合は日頃から延期する訓練を行っておけば意志力も上げることが出来、結果満足度・幸福度が得られやすくなります。

自分の甘さへの対策

甘さがあるのは当然としてだったら具体的にどういう対策をとっておけばいいのでしょうか。

まず1番ダメなのは今日は出来なかった、自分はなんてダメなんだと感じ次はもっと頑張ろう、今日の分も明日取り返そうとすることです。

明日から本気出すなんて無理です。今日出来ないことが明日なら出来るなんて幻想です。

今日出来なければ明日も出来ません。頑張ればなんとかなると思うことが1番無意味です。

それはそもそも目標設定が的確ではないのです。

人間は未来の自分を今より高く見積もってしまうものなのです。

出来もしないのにこれぐらいまでなら出来るだろうとゆるい判断で決めてしまうのです。

出来ないのは目標設定が高すぎるからという現実に早く気付くことです。

そしてハードルを下げてどうすれば出来るようになるのかをよく考えることが大切です。

次にWhy思考を持つことです。

自分に負けそうになった場合は自分になぜ、と問いかけてみるのです。

How(どうやって)ではありません。なぜ仕事をするのか?なぜ勉強をするのか?

そうやって自分に問いかけ答えを考えて下さい。

そうすれば思っている未来から見たとき今ここで折れちゃってもいいのかダメなのかが分かる筈です。

最後に他人の力を借りる方法としてコミットメント契約があります。

これは例えば3ヶ月で1つのプログラミング言語の基礎を習得するという目標を立てたとします。

そうしてそのことを家族なり友人なりに宣言して1万円を預けます。

そして3ヶ月後出来ていなかったらあげることにするのです。すると仮にお金が戻ってきてもその後も学習は継続するのです。

自分だけでは甘くなるのをおりこみ済みで他の人の力を借りるのです。

まとめ

自分に甘いことは当然のことだと認識しておくことが大切です。

そして自分に厳しくするのは逆効果であることを知るべきです。

自己批判が強い人、自分に厳しい人ほど同じ過ちを繰り返します。なぜなら出来なかったことを悔やむだけで問題に向き合っていないからです。

自分はダメだ、今回は失敗だと思うだけで何も対策がうてていなのです。

自分は自分に甘いんだ、だから自分は意志の力が弱いので意志の力に頼ってはダメだと考えるべきなのです。

そしてそれならば事前にどう対策をしておけばいいのかを具体的に用意しておくことが大切です。

1番あてにしてはならないのは自分のやる気です。

根性論、精神論で物事をなし得ていくことなんてほとんど無理なのは皆さんご存じの筈です。

だったら確実に成果が出る科学的な方法を学び、実践していくことが1番の近道だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です