今週のイチオシ記事 →あなたの市場価値は高いですか?【井の中の蛙大海を知らず】

【2020診療報酬改定】《疑義解釈》早わかり1分解説 その⑲<摂食嚥下支援加算>

厚生労働省は6月30日に2020年度の診療報酬改定の疑義解釈 その20を出しました。

今回はそこから摂食嚥下支援加算について見ていきます。

【2020診療報酬改定】《疑義解釈》早わかり1分解説 その⑲<摂食嚥下支援加算>

 

結論 

内視鏡下嚥下機能検査または嚥下造影の実施は他医療機関であってもOKです。

 

疑義解釈(その20)

ごまお

摂食嚥下障害に対しての加算が手厚くなっている背景には、それだけ嚥下障害患者がいること、介入することでアウトカムが見込める患者がいるということがあります。実際に早期経口摂取を行うことで入院日数が減少するという報告や、院内肺炎発生率が減少する報告もあります。入院早期から嚥下障害に着目し、専門職種で介入を開始することが今後一層求められていきます。摂食機能療法の評価はとても重要なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です