今週のイチオシ記事 →あなたの市場価値は高いですか?【井の中の蛙大海を知らず】

【2020診療報酬改定】《疑義解釈》早わかり1分解説 その⑳<リハビリテーション実施計画書>

また少しずつ疑義解釈を見ていきたいと思います。

診療報酬改定は3月の告示分で完結していません。

その後随時発出される疑義解釈もすべて含めて改定内容です。

つねに疑義解釈には目を通しておきましょう。

【2020診療報酬改定】《疑義解釈》早わかり1分解説 その⑳<リハビリテーション実施計画書>

 

結論 

手術日を起算日として新たに疾患別リハビリテーション料を算定する場合は、新たにリハビリテーション実施計画書を作成する必要があります。

 

疑義解釈(その1)

 

「疑義解釈資料の送付について(その 15)」(平成 25 年 8 月6日事務連絡)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です