今週のイチオシ記事 → 完璧を目指すよりまず終わらせろ【医事課の仕事は完了主義】

【診療報酬請求】「支払基金における審査の一般的な取扱い」その⑭【急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変に対するグルカゴンGノボ注とヒューマリンR注カート 300 単位の併用投与 について 】

ごまお

今日も1つ知識の積み上げをしましょう!

支払基金における審査の一般的な取扱い

【診療報酬請求】「支払基金における審査の一般的な取扱い」その⑭【急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変に対するグルカゴンGノボ注とヒューマリンR注カート 300 単位の併用投与 について 】

 

結論 

急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変に対するグルカゴンGノボ注射用 1mg(溶解液付)とヒューマリンR注カート 300 単位の併用投与(GI療法)は、原則とし て認められません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です