今週のイチオシ記事 → 完璧を目指すよりまず終わらせろ【医事課の仕事は完了主義】

【2020診療報酬改定】《疑義解釈》早わかり1分解説 その㉚<コンピューター断層撮影診断料>

昨日に続き、8月25日発出の疑義解釈(その29)より見ていきます。

【2020診療報酬改定】《疑義解釈》早わかり1分解説 その㉚<コンピューター断層撮影診断料>

 

結論 

コンピューター断層撮影診断料通則4における「新生児頭部外傷撮影加 算、乳幼児頭部外傷撮影加算又は幼児頭部外傷撮影加算」は頭部外傷に対してE200【コンピューター断層撮影(CT撮影)(一連につき)】を行った場合に算定できる

 

通知

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です