今週のイチオシ記事 → 【管理職の憂鬱】医療事務員のモチベを上げるなんて無理ゲーです

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その④【透視診断】

ごまお

今日も1つ知識の積み上げをしましょう!

審査情報提供事例

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その④【透視診断】

 

結論 

撮影の時期決定や準備手段又は他の検査、注射、処置及び手術の補助手段として行う透視については算定できません。

審査情報提供事例

透視診断

取扱い

 

・腎孟造影撮影時の透視診断については認められない。

 

・尿管造影撮影時の透視診断については認められない。

 

・膀胱造影撮影時の透視診断については認められない。

 

・血管造影撮影時の透視診断は認められない。

 

・子宮卵管造影撮影時の透視診断は認められない。

 

・原則として、関節造影撮影時の透視診断は認められない。

 

・原則として、胆のう造影撮影時の透視診断は認められない。

 

・膵胆管造影撮影時の透視診断は認められない。

取扱いを定めた理由

 

透視診断料は、透視により疾病・病巣の診断を評価するものであり、消化管の造影剤使用撮影に際し腸管の所要の位置に造影剤が到達しているか否かを透視により検査する場合等、撮影の時期決定や準備手段又は他の検査、注射、処置及び手術の補助手段として行う透視については算定できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です