今週のイチオシ記事 → 【管理職の憂鬱】医療事務員のモチベを上げるなんて無理ゲーです

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その⑤【神経根ブロック】

ごまお

今日も1つ知識の積み上げをしましょう!

審査情報提供事例

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その⑤【神経根ブロック】

 

結論 

神経根ブロック算定には、造影又は透視下に神経根を特定する処置の実施が必要です。

審査情報提供事例

神経根ブロック

取扱い

 

原則として、外来患者に対する、神経根ブロックの算定は認められる。

取扱いを定めた理由

 

病名に○○○神経根症や○○○根性神経症など特定の神経根に由来する疼痛疾患(例えば、椎間板ヘルニア、脊椎狭窄症などで根性症状のあるもの)であれば、適応症として認められる。

留意事項

 

神経根を特定して神経ブロックを行うためには、造影又は透視下に正確に神経根を特定しなければならず、こうした処置が神経根ブロックと同時に行われている必要がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です