今週のイチオシ記事 → 【管理職の憂鬱】医療事務員のモチベを上げるなんて無理ゲーです

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その⑦【消炎鎮痛等処置とトリガーポイント注射(併施)】

ごまお

今日も1つ知識の積み上げをしましょう!

審査情報提供事例

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その⑦【消炎鎮痛等処置とトリガーポイント注射(併施)】

 

結論 

消炎鎮痛等処置とトリガーポイント注射の併施は認められます。

審査情報提供事例

消炎鎮痛等処置とトリガーポイント注射(併施)

取扱い

 

消炎鎮痛等処置とトリガーポイント注射の併施は認められる。

取扱いを定めた理由

 

トリガーポイント注射は、圧痛点に局麻剤又は局麻剤を主剤とする薬剤を注射して疼痛の軽減を図る手技であり、一方、消炎鎮痛等処置は、湿布・マッサージ・器具などを用いて患部の消炎・鎮痛を図る処置で別範疇の医療行為である。
両者ともそれぞれ有効な治療手段であり、それらの併施を過剰とする考え方は適切とはいえない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です