今週のイチオシ記事 → 【管理職の憂鬱】医療事務員のモチベを上げるなんて無理ゲーです

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その⑯【抗核抗体、抗DNA抗体定性、抗DNA抗体定量(疑い病名、「注記」がない場合)】

ごまお

今日も1つ知識の積み上げをしましょう!

審査情報提供事例

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その⑯【抗核抗体、抗DNA抗体定性、抗DNA抗体定量(疑い病名、「注記」がない場合)】

 

結論 

「疑い病名」あるいは「注記」がない場合、抗てんかん剤に対する抗核抗体、抗DNA抗体定性、抗DNA抗体定量は認められません。

審査情報提供事例

抗核抗体、抗DNA抗体定性、抗DNA抗体定量(疑い病名、「注記」がない場合)

取扱い

 

原則として、「疑い病名」あるいは「注記」がない場合、抗てんかん剤に対する抗核抗体、抗DNA抗体定性、抗DNA抗体定量は認められない。

取扱いを定めた理由

 

抗てんかん剤の副作用としてSLE様症状は稀であるので、認めない。

留意事項

 

「疑い病名」又は「注記」の記載がある場合は認める。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です