今週のイチオシ記事 → 【管理職の憂鬱】医療事務員のモチベを上げるなんて無理ゲーです

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その⑲【仙骨部硬膜外ブロック(坐骨神経痛)】

ごまお

今日も1つ知識の積み上げをしましょう!

審査情報提供事例

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その⑲【仙骨部硬膜外ブロック(坐骨神経痛)】

 

結論 

陳旧例でも坐骨神経痛に対しての仙骨部硬膜外ブロックは認められます。

審査情報提供事例

仙骨部硬膜外ブロック(坐骨神経痛)

取扱い

 

原則として、陳旧例であっても、しばしば再発、症状の増悪を繰り返す「坐骨神経痛」に対し、仙骨部硬膜外ブロックは認められる。

取扱いを定めた理由

 

神経ブロックは坐骨神経痛に対して有効な治療手段である。
坐骨神経痛は難治性で陳旧例であっても、しばしば再発・症状の増悪を繰り返すことが多い疾患であるめ、症状に応じては神経ブロックをその都度施行せざるを得ない事例がある。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です