今週のイチオシ記事 → 周りのレベルが低いと感じていたらヤバい【5人の法則】

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その㉓【アルブミン定量(尿)(糖尿病性早期腎症)】

ごまお

今日も1つ知識の積み上げをしましょう!

審査情報提供事例

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その㉓【アルブミン定量(尿)(糖尿病性早期腎症)】

 

結論 

糖尿病性早期腎症(第1期又は第2期の記載がないもの。)に対してのアルブミン定量(尿)の算定は認められます。

審査情報提供事例

アルブミン定量(尿)(糖尿病性早期腎症)

取扱い

 

糖尿病性早期腎症(第1期又は第2期の記載がないもの。)に対してのアルブミン定量(尿)の算定を認める。

取扱いを定めた理由

 

D001の8 アルブミン定量(尿)は通知に「糖尿病又は糖尿病性早期腎症患者であって微量アルブミン尿を疑うもの(糖尿病性腎症第1期又は第2期のものに限る。)に対して行った場合に、3か月に1回に限り算定できる。」とある。
糖尿病診療ガイドラインに糖尿病性腎症病期分類の表が記載されているが、第1期とは尿蛋白(アルブミン)が正常であるもの、第2期とは尿蛋白(アルブミン)が微量アルブミン尿であるものと定義し、第2期を早期腎症と呼称している。
傷病名「早期腎症」は、尿蛋白が陰性で、アルブミン定量(尿)の測定により微量アルブミンを診断できる患者であり、通知に該当すると考えられる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です