今週のイチオシ記事 → 周りのレベルが低いと感じていたらヤバい【5人の法則】

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その㊳【メコバラミン】

ごまお

今日も1つ知識の積み上げをしましょう!

審査情報提供事例

診療報酬請求】「審査情報提供事例」その㊳【メコバラミン】

 

結論 

「スピロノラクトン」を「腎性尿崩症」に対し処方した場合、当該使用事例を審査上認めます。

審査情報提供事例

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その㊳【メコバラミン

主な製品名

 

メチコバール錠、メチコバール細粒【後発品】

承認されている効能・効果

 

末梢性神経障害

使用例

 

原則として、「メコバラミン【内服薬】」を「帯状疱疹」、「帯状疱疹後神経痛」に対して処方した場合、当該使用事例を審査上認める。

使用例において審査上認める根拠

 

薬理作用が同様と推定される。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です