毎朝午前6時に更新!

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その㊿【ジアゼパム】

ごまお

今日も1つ知識の積み上げをしましょう!

審査情報提供事例

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その㊿【ジアゼパム】

 

結論 

「ジアゼパム【内服薬・注射薬】」を「てんかん」に対し処方した場合、当該使用事例を審査上認めます。

審査情報提供事例

【診療報酬請求】「審査情報提供事例」その㊿【ジアゼパム

主な製品名

 

ホリゾン錠、ホリゾン散、ホリゾン注射液、セルシン錠、セルシン散、セルシンシロップ、セルシン注射液、他後発品あり

承認されている効能・効果

 

<内服>

① 神経症における不安・緊張・抑うつ
② うつ病における不安・緊張
③ 心身症(消化器疾患、循環器疾患、自律神経失調症、更年期障害、腰痛症、頸肩腕症候群)における身体症候並びに不安・緊張・抑うつ
④ 次の疾患における筋緊張の軽減:脳脊髄疾患に伴う筋痙攣・疼痛
⑤ 麻酔前投薬

 

<注射>

① 神経症における不安・緊張・抑うつ
② 次の疾患及び状態における不安・興奮・抑うつの軽減:麻酔前、麻酔導入時、麻酔中、術後、アルコール依存症の禁断(離脱)症状、分娩時
③ 次の状態における痙攣の抑制:てんかん様重積状態、有機リン中毒*、カーバメート中毒*(*は、一部の製品のみ)

使用例

 

原則として、「ジアゼパム【内服薬・注射薬】」を「てんかん」に対し処方した場合、当該使用事例を審査上認める。

使用例において審査上認める根拠

 

薬理作用が同様と推定される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です