【2022診療報酬改定】第2ラウンドを見る【中医協ウォッチ⑧】<紹介状なしで受診する場合等の定額負担>

今回は「紹介状なしで受診する場合等の定額負担」について見ていきましょう。

【2022診療報酬改定】第2ラウンドを見る【中医協ウォッチ⑧】<紹介状なしで受診する場合等の定額負担>

 

結論

 

大病院の紹介状なし患者の受診時定額負担は「初診時で2000円、再診時で500円程度」引き上げられ、その分を保険給付から除外します。

紹介状なしで受診する場合等の定額負担について

現行制度

検証結果と方針

・大病院を紹介状なしに受診する患者は依然として少なくない

 

・他医療機関を逆紹介したにもかかわらず、大病院を受診してしまう再診患者は再診患者全体の3割程度いる

 

・逆紹介しても再診を受診してしまう3割の患者の中で、定額負担徴収はほとんど行われていない

定額負担の増額

→定額負担を現行より、初診時では2000円程度、再診時では500円程度引き上げる

公的医療保険の負担軽減

→引き上げ分を保険給付から除外する

定額負担の対象病院の拡大

→現状の適用病院から対象をさらに拡大(一般病床200床以上の重点外来基幹病院

除外要件の見直し

→定額負担の除外要件のさらなる明確化

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です