医事関連のテーマを中心に感じたこと、考えたことを綴っていきます

医療事務において転職は大いにアリです【でも注意して!】

医療事務と転職は比較的関連するキーワードとして定着しています。

医療事務資格をとって転職などというイメージは社会的に広まっているように思います。

実際医療事務の世界は出入りが激しいので他の医療機関からの転職とか他業種からの転職という人も結構いたりします。

今回はこの転職についていいのか悪いのか、何に着目すればいいのかというところを書いていきます。

医療事務において転職は大いにアリです

結論

医療事務において転職は悪ではない。おおいにアリです。

但し、注意点があります。この結論に至る理由を以下に示していきます。

そもそもなぜ転職なのか?

まずここで大きく2つに分かれると思います。

1つはキャリアアップの為の転職です。

例えば、勤続5年現在主任。現状の役職、待遇にものすごい不満がある訳ではない。

しかし、上司の係長、課長代理、課長がまだ若くて当分そのポストが空く様子はなさそう。

診療報酬やDPCの知識などではこの病院では1番詳しいとの自負もある。

しかしこれから先において何をモチベーションとしてやっていっていいかちょっと分からなくなっている、みたいなパターンです。

これで考えた結果出した結論が新たな職場探しならば大いに結構だと思います。

これには利点が2つあります。

まずは単純に給料アップが狙える可能性があるということです。

仕事を決める要素のトップにはしてはいけませんがやはりなにはともあれお金は大事です。

まして医療事務は薄給だと言われている職業です。

この場合給料を上げる明確な手段は2つしかなくて役職に就く又は役職を上げる、又は転職です。

だとしたら現状役職が当分今のままであるならば転職は選択しうるものとなります。

次に利点の2つ目は自分の市場価値が分かるということです。

転職活動をしない限り自分の市場ニーズというのは分かりません。

さきほどの例でいくと自分では診療報酬やDPCの知識に自信があると思っていてもそれは1人よがりの可能性もあります。

冷めた見方をするとただ単にその医療機関の事務のレベルが低かっただけかもしれない。

そして、また違う側面から考察すればそこに求人市場のニーズがない可能性だってあります。

そんな知識は大前提なんだよと言われるかもしれない。

どちらにせよ今までひとつの医療機関の中だけで評価されてきたものがもっと広い世界で評価されることになるのです。

これはとても良いことです。自分を知れるいい機会となります。

このようにキャリアアップの為の転職は大いに推奨出来ます。

反対に絶対ダメなパターンは現状が嫌で環境を変えるというものです。

但し、ここには現状を変えようとさんざんやってきたけど変わらなかった場合やさんざん現場と闘ってきたがダメだったように十分な行動を起こした人は含めません。

そのような場合はその人には不幸なことですがその職場との相性が合わなかったと割り切って次に進めばいいと思います。

そうではなくダメなパターンというのは要するに現実逃避の為に転職を使うという人のことを言います。

自分で何も行動もせずそのくせ現状が嫌で転職する人が次の職場で上手くいく確立は0%です。

自分が全く同じなら環境を何度変えたところで結果は同じことです。

そこを理解しないで転職してみてもプラスなことは何もないのです。

要するに転職とは前向きな理由でないとしても成功しないのです。

そして、今の自分を冷静に分析した上で次を探した方がプラスになると判断出来ない限りしてはいけないのです。

そもそもなぜ今転職なのか?

それは理想を追っているだけではないのか?逃げではないのか?

今転職することのメリット、将来へのビジョン、考えが明確にあるのか否か、ここを大いに問う必要があります。

給料で決めると失敗する

さきほどやはりなにはともあれお金は大事ですと言いました。

これは完全に同意します。

しかしこれを転職の判断基準の1番目に持ってきてはいけません。

確実に失敗し、後悔します。

なぜなのか?それは仕事の満足度というのは給料の多い少ないで決まっている訳ではないからです。

だったら何で決まっていると思いますか?それは人間関係なのです。

これは科学的に証明されている事実です。

ですので給料は1つの目安として使うのはいいのですがそれだけに固執しても満足のいく結果は得られないのです。

それよりももっと仲のいい同僚を増やすだとか職場で親友を作るといったことの方が仕事の満足度という点からすれば重要なのです。

ですが実際は人間関係なんてその中に入ってみないと分かりませんので転職時の判断材料には出来ないというのも事実です。

それはそうなんですがここで言いたいことは年収の高い安いに一喜一憂するのではなくてもっと仕事内容や医療機関の中身を注視すべきだということです。

そういう意味では転職活動時のリサーチ力、情報収集能力というのは非常に大事です。

出来うる限りの情報を集めるだとか患者として実際に足を運んで雰囲気を肌で感じてみるというのもいいと思います。

ここでの結論はお金は考える要素には入れてもいいが1番目にはするなということです。

どこのゾーンに就きたいのか?

これは医事課のどういう仕事のポジションを望んでいるのかということです。

ここでも2つに分かれます。

実務中心か管理中心かということです。

ここはそれまでのキャリア、スキルによると思います。

まだ全然管理職の経験のない人でも将来的にはそういう立場を目指したいと思うのであれば転職活動時からそういう意志を全面に押し出していけばいいと思います。

どう使っていくかは採用側が考えることですが先々の自分のビジョンを伝えておくことは損ではないです。

実際管理職になると第一線の現場からは離れますので少なからず診療報酬算定について疎くなったり、旬の情報を掴めていなかったりすることもあります。

そういう点ではもっと診療報酬について極めたいと思う人にはあまり魅力的に映らないかもしれません。

しかし、それは大きな誤解で逆にもっと診療報酬に詳しくなれます。

なぜならもっと先々のことを見据えて診療報酬を考えるようになるからです。

確かに現場の担当者は現行の点数表とかには詳しいです。

ですがあくまで現行のものについてだけです。

次回の改定についての議論とかその先の方向性とかは全く知りません。まあそれが普通ですが。

それと少し脱線しますが、これも以前に書いたのですが調べれば分かることを覚えていることにどれほどの価値があるかは微妙なところだと思います。

いまやググれば大半のことは分かります。

点数早見表がなくてもPCやスマホで十分調べられます。

調べて分かることだったらもう覚えていることのアドバンテージはほぼないです。

それよりも普通にググっただけでは分からないことを知っていることに価値があるのです。

もっと言うなら集めた情報から有益な答えを導き出せることに価値があるのです。

ですのでこれからの時代は知識量よりも想像力や創造力の方が大切なのです。

話を戻しますと実務希望であっても、管理希望であっても共通することは将来の自分のキャリア像を具体的に描いた上で転職活動をしないとアピールにもならないし、自分がぶれてしまう恐れも出てくるということです。

ここはしっかりまとめておく必要があると思います。

自分の強みを言えますか?

ここが1番重要です。

転職時の面接では今まで何をしてきたかという過去の実績を聞かれます。

ですが採用側が最も知りたいのはこれから何が出来ますか?ということなんです。

そしてあなたの強みは何なのかということです。

今まで積み上げてきたスキル、実績はどういうもので、それを土台として今後当院でどういう活躍をしてくれるのか、何で勝負しようと思っているのか、という点を知りたいのです。

ここを論理的かつ明快に話せないようでは転職はしない方がいいと思います。

それぐらいのエネルギーがないと転職はしてはいけないのです。

明確な目標がある人は転職後少々の苦難があっても乗り越えていきます。

ですが中途半端な気持ちで転職してきた人はその状況になると必ずこれなら前の職場の方が良かったと思ってしまうのです。

これは所詮その程度のモチベーションでしか動いていない人ということです。

また、自分の強みって何って思う人がいたらそれこそ転職は無理です。

そもそもそれも分からず仕事を辞める、辞めないなんて話は出来る筈がありません。

もっときちんと自分と向き合うべきなんです。

それでも分からないって人はストレングスファインダーという本で自分の強みが診断出来ますので見てみて下さい。

但し新刊1冊につき1人しか診断出来ません。中古で買っても診断出来ませんのであしからず。

まとめ

以上をまとめますと前向きな転職は大いに推奨します。

それには明確な将来のビジョンを持っていて、自分の強みを知っていないとダメだ、ということです。

今や転職は悪だ、終身雇用が正義みたいな主張は時代遅れです。

それこそ今後つぶれる病院がどんどん出てくる時代になっていきます。

もう昔の価値観は通用しない時代なのです。

ですがあまりに短いスパンで転職を繰り返しているとさすがにどうなのって思われてしまいますので、それでも十分に自分の主張を論理的に展開出来るのならいいですがそんな人はほぼいないと思いますので常識の範囲内でのチャレンジでお願いします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です