【2022診療報酬改定】第2ラウンドを見る【中医協ウォッチ㉑】<リフィル処方>

今回は「リフィル処方」について見ていきます。

【2022診療報酬改定】第2ラウンドを見る【中医協ウォッチ㉑】<リフィル処方>

 

結論

 

2022年度改定でリフィル処方が導入されます。

分割調剤の現況

算定回数は非常に低調

検証結果と方針

・分割調剤のデメリット→手続きが煩雑

 

・処方箋様式が負担

→1枚の処方箋様式にし、一定期間内の処方箋の反復利用を可能にすべき

【関連記事】

リフィル処方箋って何だ?【診療報酬改定】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です