【2022診療報酬改定】第2ラウンドを見る【中医協ウォッチ㉒】<重症度、医療・看護必要度>

今回は「重症度、医療・看護必要度」について見ていきます。

【2022診療報酬改定】第2ラウンドを見る【中医協ウォッチ㉒】<重症度、医療・看護必要度>

 

結論

 

心電図モニター・点滴ライン同時3本以上が評価から削除される可能性は十分あります。

重症度、医療・看護必要度

心電図モニターと点滴ライン同時3本以上

・退院前日・退院日にも心電図モニター管理に該当する患者が一定程度いる

 

・点滴ライン3本以上の管理をしながら、使用薬剤が2種類以下の患者が一定数いる

→純粋に患者の状態を反映しているとはいえない

シミュレーション結果

・心電図モニターを削除した場合、現行の基準を満たしている患者のうち、看護必要度Iで18.9%、看護必要度IIで11.9%が満たさなくなる

 

・心電図モニターを削除した場合、急性期一般入院料1では18.0%が基準を満たさなくなる

3つの考え方でさらなるシミュレーション

 

※急性期一般入院料1はふるい落としの対象のため、心電図モニター等削除される可能性は十分あります。

【関連記事】

【2022診療報酬改定】第2ラウンドを見る【中医協ウォッチ②】<急性期入院医療その1>

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です