【ウザい】辞める辞める詐欺の同僚を黙らせる必殺の方法

あなたの周りに辞めると言っておきながら、いつまでたっても辞める気配のない「辞める辞める詐欺」をしている人っていませんか?

最初はその人の話を親身になって聞いていたものの、何度も続くようだとバカらしく、ウザくなってきますよね。

いちいち取り合うのはめんどくさい、でもそこそこの人間関係は維持しなければいけない。

だったらどう対処するのがベストなのか。

必殺の方法を教えましょう。

【ウザい】辞める辞める詐欺の同僚を黙らせる必殺の方法

 

結論

 

「そうだね、辞めたほうがいいね」と肯定してあげましょう。

辞める辞める詐欺

辞める辞める詐欺の人の心理

「もう耐えられない、辞めるから」

「いずれ辞めようと思っている」

そう周りに洩らす人ってたしかにいます。

この辞める辞める詐欺の人の心理とは「辞めないで」「あなたが必要だ」と相手から言ってほしい、要するにかまってちゃんです。

非常に承認欲求が強いタイプです。

そして本当は自分に自信のない弱い人です。

でも自分自身ではそのことを自覚していません。

自分では己に価値があると思っていて、それを周りに肯定してもらうことで確認したい、ただそれだけです。

辞める辞める詐欺の二重否定構造

辞める辞める詐欺の人は承認欲求が強い人、周りに肯定してもらいたい人なのですが、その肯定してもらおうとする構造がちょっと複雑です。

その構造とは二重否定の構造になっています。

つまり、本人の「辞めたい、続けたくない」(第1の否定)に対する相手の「辞めないで」(第2の否定)という2つの否定が重なることによって、「自分はやっぱり必要な人間なんだ」という自己肯定に繋がるというしくみです。

僕にも昔、周りにそんな人がいました。

その人は勤続10年以上のベテランでしたが、ことあるごとに「もう辞める」と洩らしていました。

仕事はできる人でしたが、承認欲求が非常に強い人でした。

だから辞める辞める詐欺によって、承認欲求を満たしていたのでした。

周りは最初こそ「頼りにしてるんだから辞めないで」「辞められたら困るよ」と引き留めていました。

でも何度もそれが繰り返されるようになると、「また言ってるよ」「もういいよ」という空気感に変わっていきました。

しかしベテランなので無視することもできず、ウザくても耳は貸すというような非常にめんどくさい状況に陥りました。

結局その人は僕がその職場を離れるときも、まだそこで働いていました。

辞める辞める詐欺は辞めない

辞める辞める詐欺の人は絶対辞めません。

これは間違いありません。

なぜなら本当に辞める人は黙って辞めるからです。

人は本当に仕事を辞めたいとき、職場の人間になど相談などしません。

結局辞めるかどうかなんて自分で決めることです。

それを職場の同僚に洩らしている時点で、辞める気などみじんもないのです。

本当に辞める人は「辞めたい」なんて言わないのです。

その人が使う言葉は「辞めたい」ではなくて「辞めます」です。

「辞めたい」という言葉を使う時点でもう詐欺確定なのです。

辞める辞める詐欺の対処法

辞める辞める詐欺の人への対処法はたった1つです。

それは肯定してあげることです。

つまり、「辞めたい、続けたくない」(第1の否定)に対する「辞めないで」(第2の否定)というやりとりを避けるということです。

要するに「辞めたい、続けたくない」という否定を否定せず、肯定するということ。

だから「辞めたい、続けたくない」という言葉には「そうだね、辞めたほうがいいね」とかぶせてあげればいいということです。

こう言われて「じゃあ辞める」とはまずならないです。

なぜならハナから辞める気なんて更々ないのですから。

おそらくその先は辞められない理由、言い訳が続きます。

そうなればもう問題解決です。

今後その人からあなたに、辞める辞める詐欺をしてくることはなくなります。

だって、それではその人の承認欲求は満たされないから。

「自分が必要」って言ってほしいのに、それが期待できないとわかっている相手になんかもう話してきません。

ここで大事なのは、相手するのがウザいと思っているなら間違っても建て前は言うな、ということです。

「辞めないで」「頼りにしてるんだから」などという言葉は絶対言ってはいけません。

なぜなら相手はその言葉を期待しているんですから。

この人は自分の承認欲求を満たしてくれると思われたが最後、その人はいつまでもあなたに辞める辞める詐欺をしてきます。

それがイヤなら「そうだね、辞めたほうがいいね」と肯定してあげましょう。

まとめ

 

今回の話で誤解してほしくないのは、決して文句やグチを言ってはいけないと言ってるのではない、ということです。

誰しも時には不平不満を言いたくなったり、弱音をはきたくなる時ってあります。

僕にも当然そんな時はあります。

ただその頻度があまりにも多い人は、いかがなものかと思うのです。

周りにそんな人がいる人は、適切に対処しましょう。

辞める辞める詐欺をいくら聞いても平気だという人なら別ですが、そんな人は多くないはず。

大部分の人はそこに少なからずストレスを感じているものです。

だったら建て前を言わず、「そうだね、辞めたほうがいいね」と肯定してあげましょう。

その方がお互いにとって絶対良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です