【2022診療報酬改定】第2ラウンドを見る【中医協ウォッチ㉕】<不妊治療の保険適用>

今回は「不妊治療の保険適用」について見ていきます。

【2022診療報酬改定】第2ラウンドを見る【中医協ウォッチ㉕】<不妊治療の保険適用>

 

結論

 

ガイドラインの推奨度A又はBの医療技術は原則保険適用とし、推奨度Cは保険適用外としつつ先進医療として実施します。

不妊治療の保険適用

◆不妊治療技術と生殖医療ガイドラインにおける推奨度の全体像

 

 

◆一般不妊治療(タイミング法・人工授精)に係る医療技術および薬事承認された医薬品等も保険適用する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です