医事関連のテーマを中心に感じたこと、考えたことを綴っていきます

「追い込まれないとできない」「締め切りギリギリまでできない」のは悪なのか ?【過集中と締め切り効果】

私には小さい頃からなおしたいクセがありました。

そしてそれは今もなおっていませんし今後もなおりそうにありません。

そのクセとは「追い込まれないとできない」「締め切りギリギリまでできない」というものです。

小学校の夏休みの宿題は毎年8月31日から始めていました。

試験勉強は直前にならないとまったくやる気になりませんでした。

三つ子の魂百までとはよくいったもので、いまだにやっていることは変わりません。

追い込まれないとまったくやる気にならないのです。

ですので今に至っては無意識ですが故意にギリギリまで追い込んでいるふしさえあります。

長らくこんな仕事のスタイルじゃダメだろうと思ってきました。

そして早く変えなければといつも思っていました。

ですがそもそもこれは悪いことなのか、変えないといけないことなのか、というような疑問もありました。

今回はこの点について述べていきます。

ごまお

火事場の馬鹿力ってやつ?

「追い込まれないとできない」「締め切りギリギリまでできない」のは悪なのか?【過集中と締め切り効果】

結論

悪ではないがバランスが重要です。

過集中と締め切り効果

まずはことばの説明をしておきます。

過集中

 

短期的にものすごい集中力を発揮したり、自分の関心が強い特定の物事に時間を忘れるほど没頭している状態。

 

いわゆるフロー状態。

 

フロー状態とは心理学者ミハイ・チクセントミハイによって名付けられた人間があることに没入している超集中状態を指しこれを俗に「ゾーンに入る」と言う。

 

ゾーンに入ることで時間が止まったかのような研ぎ澄まされている感覚を味わい、短い時間の中で適切な判断ができる。

 

しかもゾーンに入っているときは恍惚感、多幸感を抱くことも特徴。

 

これは痛みを快感に変える神経伝達物質「エンドルフィン」が脳内で分泌することによる作用である。

(出典:「黒子のバスケ」コミックス29巻より)

締め切り効果

 

作業の締め切りの時間を決めることでその時間までに終わらせようという意識が働いて集中力がアップする効果。

仕事において大切なことは生産性の向上です。

そしてその生産性の向上には高い集中力が必要です。

そういう意味においては過集中と締め切り効果を利用することは理にかなっているともいえます。

効率と精度

尻に火がつくまで行動しない人はダメだ、伸びないとよく言われます。

自己コントロールができていない、計画性がないと。

それは外部の力が働かないとできないということであり仕事ができるという定義とは真逆であるとされています。

その主張は正しいと思います。

きちんと自己コントロールができる人は計画的で十分な余裕を持って仕事を終わらすことができます。

ですが効率性の視点ではどうでしょうか?

締め切りには間に合っているという前提で、早い時期から始めた人とギリギリから始めた人がいた場合効率性だけを見れば優れているのは後者です。

それこそ締め切り直前に始めて締め切りに間に合っているのであれば超効率的なわけです。

ですがここでギリギリ派を持ち上げると当然指摘されることがあります。

「それ間に合っているだけで精度はどうなの?」と。

ギリギリのやっつけ仕事ならばなんの意味もないからねということです。

確かにそうです。

しかし反対に聞きたいです。

「時間と精度って相関するの?」と。

余裕をもって締め切りに間に合っているだけで単に時間を消費しているだけにすぎないのではないか、要はパーキンソンの法則にはまっているんじゃないかということです。

医事課の生産性とは? 【パーキンソンの法則】

つまり何が言いたいのかというとギリギリの精度が担保できる期間をとれる前提のもとギリギリのタイミングで始めることが最も生産性が高いのではないかということです。

ごまお

ダラダラやってもしょうがない

脳内麻薬と成功体験

しかし上記の主張はギリギリ人間のこじつけ、言い訳かもしれません。

高い精度を保つにはやはりそれなりの時間は必要なわけで余裕を持って終われているからこそ作業時間を詰めるということが可能になるのです。

その逆はないのです。

いつもギリギリにしかできない人が精度を考えてもっと前の段階からはじめるなんてことはできないのです。

そんなことができればとっくにやっています。

だったらなぜ締め切りギリギリまでできないのか?

冒頭で故意にギリギリまで追い込んでいるふしさえあると言いました。

なぜそうなってしまうのか?

いろいろググっていたら「ああそれだ!」というのがありました。

締切ギリギリまで出来ない人の多くは追い込まれたときの過集中による脳内麻薬インフレ状態とうまく帳尻があったときの成功報酬が凄まじすぎて条件付けが成立してる

つまりゾーンに入り脳内麻薬エンドルフィンが分泌されている状態が気持ちいい。

そして締め切りギリギリでやりとげたというものすごい達成感。

この成功体験を1度経験してしまうが最後、もうそれからは抜けられないということです。

すなわちその成功体験があるからこそさらに自分を追い込んでいくという無限ループなのです。

簡単にいうと恍惚感と達成感を味わうためのメソッドなのです。

ある意味モチベーションを保つためにあえて選択しているとも言えます。

ごまお

「もう3日しかない」じゃなくて「まだ3日もある」って思ってしまう。そしてそこからやりとげたあとの達成感。ほぼ中毒やな。

まとめ

 

「追い込まれないとできない」「締め切りギリギリまでできない」のは悪なのか?という問いの答えとしては善でも悪でもない、というのが率直な感想です。

要はバランスの問題です。

あまりにも過度な追い込みは身体的にも精神的にも異常をきたします。

かかるストレスがハンパないからです。

そしてゾーンに入るというのはそれだけ高密度な意志力、集中力を消費しますからすべてが終わったあとの脱力感、疲労感というのもとても大きいものになります。

長い目で見ればその激しい波のくり返しはいいものとは言えません。

ほんとにここぞ、というときのためにとっておく方がいいでしょう。

これは自分に対して書いています。

私はギリギリメソッドはありだとは思いますが推奨はしないです。

自分自身今の体力、精神力だからこそ選択できているとも思っています。

5年後、10年後に同じような仕事のスタイルは間違いなくとれません。

だとするならば徐々にギリギリ派から余裕派へと移行していかねばなりません。

しかしこれはなかなか大変です。

刷り込まれた成功体験がやっかいです。

ここから抜け出すには成功体験を打ち消すほどの失敗体験が必要なのですが、それをしてしまうと社会人としては終わっています。

そうなるとやはり今後もギリギリ人間のままなのか~ということになってしまいます。

どなたかこの無限ループから抜け出す方法を知っていたら教えて下さい。

ごまお

生まれ変わるしかないな

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です