医事関連のテーマを中心に感じたこと、考えたことを綴っていきます

【2020診療報酬改定】第2ラウンド開始に向けて【中医協ウォッチ⑦】

前回からの続きです。今回は医薬品・医療機器の効率的かつ有効・安全な使用等について です。

【2020診療報酬改定】第2ラウンド開始に向けて【中医協ウォッチ⑦】

結論

ポリファーマシー対策をどう進めるのか、フォーミュラリをどう評価していくのかが注目点です。

医薬品・医療機器の効率的かつ有効・安全な使用等について

中央社会保険医療協議会 総会(第417回) 議事次第

医薬品の効率的かつ有効・安全な使用等

★チェックポイント

・ポリファーマシー対策が次期改定の重要論点の1つであることは間違いない

7-1
7-2

 

・重複投薬、長期投薬、残薬への対応等診療報酬でどのような防止策をとっていくのか

・後発医薬品の更なる使用促進に向けてどう進めていくのか

7-3

 

・長期処方時の適正使用、向精神薬の長期処方への対応策

・薬剤耐性(AMR)への対応策

・フォーミュラリを診療報酬上で評価するのかしないのか

※フォーミュラリについては以前に記事にしました

⇒⇒⇒フォーミュラリーとは何?【診療報酬とフォーミュラリー 】

⇒⇒⇒フォーミュラリーをもっと知ろう【診療報酬とフォーミュラリー】

7-4

 

医療機器の効率的かつ有効・安全な使用等

★チェックポイント

・CT・MRIなどの高額医療機器の共同利用を診療報酬でどう推進していくのか

7-5
7-6

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です